\メール登録で、月一回レポートが届く/ チェックする ≫

うねり取りカラーリング(ソニルCA-Sの使い方)

うねり取りカラーリング(ソニルCA-Sの使い方)

目次

目的

うねりがある髪に、うねりを抑え、カラーと同じタイミングで扱いやすくする。

実験方法

カラーの前にシャンプーをし、その後、うねりのある中間エリアを中心にソニルCA-Sを塗布した。そのまま、なじませながら5分放置した。水洗し、お席でカラーリングを開始した。

カラーの前処理として、ワクワクneoの三種混合原液とワクワクneoミストを1:4で混ぜたものを塗付した。その後、カラーリングを行った。

カラー剤を塗布し、放置する際に出うねりを伸ばすように、まっすぐなコームスルーした形状をキープするようにした。

放置時間は15分。そしてシャンプーを行った。カラーリングの後処理として、ワクワクneoヘマヘマ・キトキト10倍を塗布し、チェンジリンスを行った。そして、リケラエマルジョンを塗布し、水洗した。

ドライ、仕上げには、ガルバミスト、ガルバエマルジョンを使用した。

工程

STEP
シャンプー後、ソニルCA-Sを塗布し、5分放置、その後水洗
STEP
カラーの前処理 ワクワクneo三種混合液:ワクワクneo ミスト1:4を塗布
STEP
カラーリングを行う。15分放置
STEP
シャンプー
STEP
ワクワクneoヘマヘマ、キトキト10倍を塗布し、チェンジリンス
STEP
リケラエマルジョンを塗布し、揉みこんでなじませる。その後水洗
STEP
仕上げ

ガルバミストを全体に塗布し、ガルバエマルジョンを毛先中心に塗布。そしてドライする。

結果

シャンプー台で5分程度塗布するだけでも、カラー前の前処理で効果があると感じた。
ダメージレベルが3LV程度であれば、ソニルCA-Sの前の前処理は必要ないと考える。
カラー前の前処理をしっかり疎水にしてから行うことが必要であると考える。

また、カラーの放置時間が短くならないように、薬剤設定を行うことも必要である。

結論

カラーの放置時間の際に、できるだけうねりが出ないようにコーミングし、まっすぐしたい形でキープすることも大切である。
カラーの前処理でうねりを扱いやすくすることで、光の反射をする面が整うのでつやが強く出ると考えられる。そのため、うねり毛にカラーのみの仕上がりよりも変化が大きい仕上がりになる。うねり抑えとカラーチェンジの2つの工程を短時間で行うことができた。

使用した粧剤

  • ソニルCA-S
  • ワクワクneo 3種混合原液
  • ワクワクneo ミスト
  • ワクワクneo ヘマヘマ
  • ワクワクneo キトキト
  • リケラエマルジョン
  • ガルバミスト
  • ガルバエマルジョン
close
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

リトル・サイエンティストの頭脳派集団「研究開発チーム」です。
他にはない粧剤、理美容師さんの悩みを解決する粧剤を求め、日々研究開発に邁進しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる