\メール登録で、月一回レポートが届く/ チェックする ≫

リケラミストの熱ダメージ抑制効果

【実験目的】

リケラミストにはタンパク質の熱変性を防ぐことが可能な「ポリアミンAEE」が配合されている。

その為、リケラミストはヘアアイロンやコテなどによる髪の熱ダメージを予防することができる特徴がある。

今回は、リケラミストでアイロンによる熱ダメージを抑制可能か評価する。

【実験材料】

・使用毛束:健康な毛束(1g20cm)

・使用薬剤:(A)水、(B)リケラミスト

【実験方法】

  1. 薬剤(A)または(B)を一定条件で毛束に塗布し、ドライした。
  2. 180℃のヘアアイロンで①の処理をした毛束を500回スルーした。
  3. 電子顕微鏡で毛束のキューティクルの状態を確認した。

【実験結果】

(A)水で処理をした毛束はキューティクルが剥離してしまっていることが分かった。

これはヘアアイロンの熱処理による熱ダメージである。

一方、(B)リケラミストで処理をした毛束ではキューティクルがきれいな状態であることが分かった。

これはリケラミストの「髪を熱ダメージから守る」効果である。

【考察】

リケラミストにはヘアアイロンを500回スルーしても、髪の熱ダメージを抑制する効果があった。

サロンワークやホームケアにおいて、熱ダメージを予防するのに有効な薬剤であることが分かった。

また同様に、ポリアミンAEEを配合しているリケラエマルジョンにおいても、熱ダメージから髪を守る効果があると考えられる。

close
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

リトル・サイエンティストの頭脳派集団「研究開発チーム」です。
他にはない粧剤、理美容師さんの悩みを解決する粧剤を求め、日々研究開発に邁進しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる