検証レポート公開中

アルカリ還元剤での活性化リケラ+ヘアストレッチ

目次

目的

チリつくようなクセはなく、大きくうねるクセで本人的には髪が跳ねたり膨らんだりするのが悩みなので、ヘアストレッチを選択

※還元剤を流した後でクセの伸びがあまいようなら、その箇所に部分的にアイロンを入れることも想定。

モデル

40代 ケミカル施術の履歴なし

ツヤのある髪質で大きなうねり、多毛、梅雨の時期に膨らむ。地毛は明るめ

STEP
前処理

トイトイトーイシャンプー→ワクワクneo浸透促進原液1:4ワクワクneoミスト→毛先リケラエマルジョン

STEP
還元剤塗布

ソニルEXP+(2:1)リケラプラス3Dリノベータークリーム +  ケラプラスアクチベーター(総量の5%添加)

(チオ換算約5〜6%相当と予測)

毛先は少しダメージがあるので最初に根元〜中間に塗布

その後毛先に塗布 時間差10分

その後自然放置10分

STEP
水洗→中間処理

ワクワクneo3種混合原液+リケラプラス3Dリノベーターローション+ワクワクneoミスト (1:1:4)塗布→チェンジリンス

ワクワクneoキトキト1:9水→チェンジリンス→タオルドライ

STEP
ドライ→チェック

リケラミスト塗布→ドライ→クセの伸び方をチェック 

質感を上げるために、バックの毛先のみ軽く180℃アイロンスルー

STEP
2剤塗布

過酸化水素2剤(10分)

STEP
後処理

ワクワクneoヘマヘマ(1:9)水→チェンジリンス

ワクワクneoポリK(1:9)水→チェンジリンス

ワクワクneoキトキト(1:9)水→チェンジリンス

リケラエマルジョン→チェンジリンス

STEP
水洗→後処理→ドライ仕上げ

考察

髪質的に薬剤浸透が良いと判断。還元剤(ソニルEXP+)のアルカリを抑えるために、ソニルEXP+をリケラプラス3Dリノベータークリームで希釈し、活性化リケラも有効にした。

チリつくクセが無かったので、チオ系還元剤を増やす目的でアクチベーターを添加。

還元剤を流した後にドライしてチェックした時点で、クセが自然に伸びていたので、バック毛先の手触りを良くするためにその箇所だけアイロンをいれた。

使用した粧剤

リケラプラス3Dリノベータークリーム

リケラプラス3Dリノベーターローション

リケラプラスアクチベーター

ワクワクneo浸透促進原液

ワクワクneoヘマヘマ

ワクワクneoキトキト

ワクワクneoミスト

ワクワクneoポリK

ソニルEXP+

ワクワクneo3種混合原液

リケラエマルジョン

リケラミスト

よかったらシェアしてね!

この検証をした人

中村 弘毅
EQUIP(東京都世田谷区)

ドライカットで全国に名を馳せる「EQUIP」のフラッグシップサロンを取り仕切る実力者。カットやデザインはもとより、ケミカルにおいても高いレベルを誇り、それらを見事にサロンワークで表現し絶大な人気を信頼を得ている。

目次
閉じる