検証レポート公開中

リケラプラスリノベーターローションでのパーマ検証(人毛毛束)

目次

モデル

毛束はお客様の髪をカットする際回収して作成。 この検証の毛束はすべて同一人物から採取した髪。

  2ヶ月に一度リタッチ

   1年くらい前のパーマが少し残っている

   ダメージレベル2〜3弱 

目的

リケラプラスリノベータークリームでの縮毛矯正、ストレートは検証においても非常に好結果。

GMTが還元剤として有用と思われるのでリケラプラスリノベーターローションでパーマを検証。

工程

Ⓐ18㎜エバーロッド

Ⓑ18㎜デジタルパーマロッド 加温用

この2つでクリープ時、無加温、加温で検証

STEP
ワインディング→

Ⓐエバーロッド、Ⓑデジタルパーマロッド共にワインディング後

リケラプラスリノベーターローション+リケラプラスアクチベーター(4:1) 20分自然放置

STEP
中間水洗
STEP
放置

エバー自然放置20分

 デジタルパーマロッド(時々お湯をスポイドで塗布しながら乾かないように45℃で20分)

 ※デジタルパーマロッドはあくまで加温用なので乾かないように加温。

STEP
2剤塗布

過酸化水素 10分放置

STEP
水洗→自然乾燥

考察

今回も差がわかるようにシンプルに施術、検証した。

両ロッド共に18㎜ロッドとしてはウェーブ効率が今ひとつという結果になりました。

これは同一毛束同径ロッドのリケラプラスリノベータークリーム+リケラプラスアクチベーターを使った、後加温のデジタルパーマ毛束©と比べて明らか。

しかしⒶエバーロッドとⒷデジタルロッドを比べると、クリープ時に加温したⒷデジタルロッドの方が若干ですがウェーブ効率が良いようです。

このことから1液放置時に加温、クリープ時にきちんと処理など加えるとまだまだウェーブ効率は稼げそうです。 感触、質感面は非常に良いのでまだまだリケラプラスリノベーターローションのパーマの可能性を探って行きたいと思います。

ビフォア
ワインディング
ドライ後
Ⓐエバーロッド
    Ⓑデジタルパーマロッド
  Ⓒ後デジ(比較の為)

                      

使用した粧剤

リケラプラス3Dリノベーターローション

リケラプラスアクチベーター

よかったらシェアしてね!

この検証をした人

榊 治
パワードール(岡山県岡山市)

顧客と同業者から高い評価を受けるパーマ技術は一級品。近年はストレートパーマにも注力し、還元剤を使い「曲げる、伸ばす」ことを最も得意とする岡山の雄。優れた判断能力と豊富な経験と知識により、顧客に必要なモノゴトをピンポイントで見抜くカウンセリングにも定評がある。

目次
閉じる