検証レポート公開中

プロフェッサーを目指しませんか?

プロフェッサーはリトルの最高峰の資格

プロフェッサーとは、LS マイスター制度における最高峰の資格です。

この資格を取得することでリトル・サイエンティストの正講師になることができます。

また、リトル・サイエンティストが認定しますので、お客さまに対しても信頼してもらえる存在となることができます。

プロフェッサーになるためには、理論を熟知し、それを技術に落とし込み、きちんと結果に出せる、またそれを創意工夫のもとにさらに発展させることができる能力と講師として人に伝える能力が必要となります。

お申込み後、担当チューターを決定
担当の添削を受けながら課題を進める
受験レベルに達したら推薦を受ける
LSプロフェッサー認定試験
プロフェッサー候補生になるための6つの条件
  • ドクターコースを修了している
  • 基礎理論12 単位以上を保有している
  • 技術理論15 単位以上を保有している
  • 美容師免許または理容師免許を所持している
  • スタイリスト(技術者)を5 年以上経験している
  • マイ講義ノート(理論・技術)をリトル・サイエンティストに提出している(申し込み後に提出も可)

プロフェッサーコース 12 の課題

プロフェッサーになるためには、プロフェッサーコースに申し込む必要があります。

プロフェッサーコースでは、4 つのテーマ×3 課題=12 課題があります。

  1. トリートメント × 3 課題
  2. パーマ × 3 課題
  3. ストレート × 3 課題
  4. カラー × 3 課題

一つずつ課題を提出し、チューターと呼ばれる講師が添削を受けます。

すべての課題をクリアしたら、プロフェッサー試験を受験することができます。

プロフェッサーコースの申し込み

プロフェッサーコースに申し込むためには、下記の条件を満たしている必要があります。

受験資格・ドクターコースを修了している
・基礎理論12 単位以上を保有している
・技術理論15 単位以上を保有している
・美容師免許または理容師免許を所持している
・スタイリスト(技術者)を5 年以上経験している
・マイ講義ノート(理論・技術)をリトル・サイエンティストに提出している
(申し込み後に提出も可)
試験内容以下の内容の模擬講習を講師として行う
・理論講習(60分)
・実技講習(90分)
※テーマ、形式は受講者が設定する。
受験料55,000 円
申し込みリトル粧剤取扱代理店さまへご相談ください
代理店様よりご連絡を頂いた後、担当より流れについてご案内いたします

チュートリアルを覗いてみよう

過去に行われたチュートリアルの様子を公開しています。

興味のある方はぜひ覗いてみてください。

プロフェッサーを紹介します

榊 治 (パワードール/岡山)

パーマやストレートパーマの技術は、顧客だけでなく同業者から高い評価を受ける一級品。また、優れた判断能力と豊富な経験と知識により、顧客に必要なモノゴトをピンポイントで見抜くカウンセリングにも定評がある。

中村 弘毅 (EQIP/東京)

ドライカットで全国に名を馳せる「 EQUIP 」のフラッグシップサロンを取り仕切る実力者。カットやデザインはもとより、ケミカルにおいても高いレベルを誇り、それらを見事にサロンワークで表現し絶大な人気と信頼を得ている。

濱崎 猛 (cord/奈良)

リトル・サイエンティストの質問掲示板で、全国の理美容師様からの疑問や質問に丁寧かつ的確なアドバイスで解決に導く「HAMA」さん。その豊富な知識と経験を活かした受講者目線で解りやすいセミナースタイルが人気を集めている。

加藤 博之 (Nana(ナナン)/静岡)

21年間、都内のサロンや外資系メーカーの外部講師として活躍。独立する際の「素材である髪を一から知りたい」という探究心からリトル社と出会う。2014年にLSプロフェッサーと外部スパニスト講師に認定された。

根岸 セイジュ (fika/香川)

大阪心斎橋から香川県高松市に拠点を移して活躍中。ナチュラル系サロンとして20~40代の働く女性からの支持が大きい。2014年には初のLSプロフェッサーとして認定される。共に学び成長していける一番身近な講師として若手の注目株。

簗取 健一 (ハートシェイプドボックス/北海道)

札幌の大型店で幹部として活躍後、サロンを開業。開業後、基礎からケミカルを学び直している際にリトル・サイエンティスト社代表 野村恭稔と出会う。交流を重ねるうちにリトル社の薬剤や理論に感銘を受け、日々研究・検証に邁進中。

谷 明憲 (Hair’s Curar/兵庫)

美容歴18年、大手サロンで店長や商品開発部部長を経験。その中で「自分のこだわりで仕事がしたい。もっと綺麗にできるはずだ!」との思いが強くなり、クリニック型のサロンで独立。講師として「美容師目線」での講習を心掛け、勉強したことがサロンの結果として現れることが何より大切だという考えで講習活動を行っている。

遠山 潤 (リッツガーデン/岡山)

「デザインとケミカルの両立」をテーマに、研究やスタッフ教育に力を入れており、臨店講習などで講師としても精力的に活動を行なっている。 経営者として、スタイリストとして、元・美容学校教師としてなど様々な経験からくる、人それぞれの目線に立った教育を大切にしている。

下林 直由樹 (prego hair/奈良)

大阪のサロンで修行の後、京都府宇治市にprego hair(プレーゴヘアー)をオープン。「ストレートが得意」との言葉のとおり、高度な矯正技術が高い評価と信頼を得ている。ケアリストやスパニストといった肩書きも持ち、また、美容研究団体「5X」「本気塾」の中心メンバーとしても活躍中。自称「遅咲きの庶民的プロフェッサー!!」

宮内 伸治 (れん/東京)

10歳くらいから美容に目覚め、パックをしたり、スタイリングをして登校するなど、ませた少年時代を過ごす。高校時には月に1回以上のペースで美容室に通い、担当の方に「もう来たの?」と迷惑がられる。
自分の好きなことをして生きようと、美容師を志す。
就職後、当たり前のことが当たり前に行われる環境で仕事がしたいという思いが募り、2009年に独立。本物に成る事を目標に美容師をしています。
得意な仕事は、素材(髪質・生き方等)に馴染み、且つ、自分の跡を残すスタイルを作る事。

野方 直 (Snads/東京)

幼少の頃より父の工場、母の美容室で熟練の技を目の当たりにして、将来は「職人」になると決心。立派な「職人」になるために、南青山、LONDONで修業を開始。2002年に念願のサロン「Sands」をオープン。多くの美容師を育てながら、リトルのトリートメントを基本に、持ちの良いカット、カラー、パーマで多くの顧客の心をつかむ。

渡邉 信一 (Skyspa/東京)

2019年に東京「京成立石駅前」に『縮毛矯正専門店』をオープン。
「その髪の表情を感じ、また様々なアングルから今を見て、その髪にとって一番良いスタイルを探り出す。」ことを理念に、年間約1000名の縮毛矯正をこなし、お客さまから高い評価と信頼を得ている。2017年にリトル・サイエンティストのReKERA(リケラ)と出会い、衝撃を受け、ReKERA(リケラ)と共にストレート技術は日々磨かれ進化している。